アーバンガード®は、2020年2月27日に一般財団法人砂防・地すべり技術センターから、「建設技術審査証明」を取得しました。
審査にあたっては、材料性能および構造性能を確認するため、実物供試体を用いた衝撃載荷実験や、水理模型実験を行い、土石流の捕捉状況等を確認しました。
これにより、アーバンガード®が、小規模渓流における土石流・流木対策工として有効であることが証明されました。

建設技術審査証明:第2001号

技術審査結果の概要

技術審査にあたっては、材料性能、構造性能および施工性を確認するため、各種調査、試験が実施されました。その結果、アーバンガードが以下に示す性能を有すると認められました。

(1) 礫の捕捉性能

ロープの目相を最大礫径D95の0.8倍以下とすることで、透過型砂防堰堤 (閉塞タイプ) と同等な土石流の捕捉機能を満足することが認められました。また、締結金具は十分な強度を有しており、礫衝突に対しても損傷なく使用できます。

(2) 繰返しの土石流・流木の衝突への対応

弾性範囲の設計であり、満砂時の除石後は繰り返し使用可能であることが認められました。

(3) 支柱のねばり性能

支柱内の重鎮モルタルの圧縮強度のばらつきが、支柱の破壊性状に影響が小さいことが認められました。また、支柱の変形角が45°に達しても設計曲げ耐力以上を保持しており、ねばり強さ(靭性)に優れていることが認められました。

捕捉状況(実物大実験)
捕捉状況(水理模型実験正面)
捕捉状況(水理模型実験側面)

技術審査の方法

審査項目

主な調査・試験方法

対象とした項目

調査・試験内容

(1) 礫の捕捉性能

① ロープの目相

主な調査・試験方法

対象とした項目

調査・試験内容

ロープの目相間隔

実物大実験
水理模型実験

② 締結金具の健全性

主な調査・試験方法

対象とした項目

調査・試験内容

締結金具の強度特性

実物大実験

審査項目

(2) 繰返しの土石流・流木の衝突への対応

主な調査・試験方法

対象とした項目

調査・試験内容

弾性範囲の設計

部材の検討方法
実物大実験

審査項目

(3) 支柱のねばり性能

支柱の強度特性

主な調査・試験方法

対象とした項目

調査・試験内容

1) 材料特性による曲げ性能

静的載荷実験
衝撃載荷実験

2) 充填モルタルの材齢による影響

静的載荷実験

PAGE TOP